モトコの迷走日記

主婦でブロガーで個人投資家・・・を目指して勉強中。

J-waveと共に作業開始。この感じ、懐かしい。

こんにちは。

 

洗濯物干して、掃除機かけて、トイレ掃除して、

さて、寄り付きチェック。

昨日の捨てるべき買い建てを、またしても捨て損なう。

何やってんだよ。

もうこの際、背負うべき十字架として半年持ち続ければ?

なんて。

 

気分も新たに潜水艦ブログ進めなきゃな。

ラジオつける。

うちは夜ご飯の時は、なるべくT V消して、

たまにラジオつけることあるんですが、いつもJ-waveです。

 

子どもが以前キッザニアで、

J-waveのパーソナリティ体験をしたことがあって

「エイティーワン ポイント スリー ジェーイウェーィヴ♪」

が聞きたいから、ってのもあるけど、

私が新卒→デザイン会社にいた時、いつも聞いてたから。

なんか聞いちゃう感じです。

 

でも朝から聞くのは何年ぶりになるんだ?

この感覚!

ンンンーーーーーーーー!!

言語化できない...

な、懐かしいっ!!

 

都心のデザインオフィスは、四六時中ラジオかかってるんだー

おしゃれというか、カジュアルというか、ゆるいというか、気が散る...

でも、1週間もすると慣れました。

 

当時は、9時前につけると、

すでにクリス智子さんの番組が始まっていて、

次が金子奈緒さん、とか

昼休みには南美布さん、とか

夕方は秀島史香さん、みたいに

番組の進行が時計がわりにもなってたっけ。

 

今、これ誰だ?

サッシャ

 

デザインの制作会社は不夜城みたいな感じで

(今は「ブラック」っていうんですかあ?)

深夜の平井堅がちょっと寒かったこと、思い出しました。

スガシカオの人生相談が、妙に的を得ていて

私も何か相談乗って欲しいことないかなと、考えたり。

仕事しろ。

 

終電を逃して、オフィスに一人。

(↑社員全員経験あり。全然珍しくない。寝袋あり。使うものか!)

仕事落ち着いて来たけど、眠くない。

(↑若いからじゃない、過労のせい。)

始発まで、何して過ごしてたんだっけ。

J-wave聞いてたんだっけ?

まだスマホない時代。

眼精疲労フィーバーで、PC画面はもう見たくなくて

窓から都会の夜景でも見れたらよかったけど、

会社2階だったしなー

 

だけど夏なんか4時すぎるとだんだん明るくなって、

その空のグラデーションはちょっとよかった。

 

そんな若かりし頃を思い出しちゃったな。

もうやる気しかなくて、迷いがなかった。

寝るときはどこまでも深く眠れるから、

たまに徹夜するくらい平気だった。

それは若いからなんだと、当たり前じゃないんだと

今の私は思う。

 

そのまま進め。

 

なんか晴れてきたな。

図書館の本、返しにいかなきゃ。

 

良い1日を!!

比較的まともな収益、だがしかし

f:id:motoko21:20210511180930p:plain

こんにちは。

そのうち下がると踏んでたモトコです。

株価の話です。

本日、日経900円以上の下げ。

 

売り多めに仕込んでおいてよかった。

でも、下値の目処には、まだ少し余地を残しているんじゃないのですか?

明日、この続きみたいな感じでさらに下がるのか?

押し目なのか?

一旦利確して、この値で新たに売り仕込んじゃったのは正解なのか?

だけど念のため買いも入れたから、あとは明日の寄り付きチェックすればいいのか?

 

ひたすら手探り。

怖い。

間違いだと判明したら、勇気ある撤退を。

常に退路を確認しつつ、前進。

 

先生のオンデマンド、まさに明日UPされるから楽しみ。

 

私が株に手を出すとはなあ、といつも思う。

売買しなくても、勉強してみる価値ありです。

世界が変わります。

ミクロの点のようだけれど、

間違いなく世界と関わっているんだと思う。

 

今日もチャートの勉強して寝る。

 

ではまた!

 

ママと赤ちゃんの間に割り込んでくるなスマホ

f:id:motoko21:20210510232547p:plain

こんにちは。

というかこんばんは。

 

午前中、耳鼻咽喉科へ行ってきたモトコです。

先週のど風邪をひいて、治ったら鼻にきて、昨日あたりから咳が出ています。

咳と鼻水。

この時期最悪な症状です。

 

咳のしすぎで頭痛がするほどだったので、

とにかく今日診てもらってよかった...

薬、2週間分。

2週間後、全快の自分に会うために。

 

待合室で、6ヶ月くらいの赤ちゃんを抱っこしたママ。

赤ちゃんは「アー」と声を出したり(かわいいっす)、

ママの顔に触ろうとおてて伸ばしたり、のけぞったり(かわいいっす)、

アクティブに奮闘中。

(おすわりする後ろ姿、かわいいっす)

 

ママは...

スマホガン見で動かない。

まるで地蔵のよう。

わかりやすい静と動。

 

絵的には、

なかなか寒々しいものがあります。

 

だからと言って、ママを非難する気にもなれないのです。

普段はワンオペで必死に頑張ってるのかもしれない。

アクティブなベビーは、昼寝もそこそこに起き出すのかもしれない。

(モトコんちの子どもは、昼寝15分だった!)

だからゆっくりスマホ見る時間ないのかもしれない。

 

今や、スマホでなんでもできるのが悪い。(いや便利です...)

インスタ見てるんじゃなく、

銀行振り込みしてたのかもしれない。

子どもの中耳炎について、ググっていたのかもしれない。

 

とりあえず、耳鼻科に連れてきているんだから、

ちゃんとやることはやってるんだよ!って

頼まれてもいない、何かの代弁をしてるみたいになっちゃったけど、

そのうち地蔵ママは、「アー、アー」言ってるベビーの顔見て「ありがとね」と一言。

スマホ閉じて、ベビーを抱っこし直して話しかけてた。

めでたし。

 

だけど、ベビーの順番回ってきたら、

中からめっちゃ泣き声聞こえて来た(涙)

そうなるね。

 

スマホ

あんまりでかい顔するなよと言いたい。

自分の立場をわきまえろよと言いたい。

「英雄」なんかじゃないこと教えたい。

 

スマホに費やしがちなのは、お金より時間の方だ。

主従関係をもっと厳格にしなければ。

 

スマホとの付き合い方を、

改めて考えた耳鼻科の帰りでした。

 

そんで、明日は皮膚科に行きます。

 

ではまた明日!

言語化する力はどうやってつけたらよかろうか

f:id:motoko21:20210508113703p:plain

こんにちは。

 

日本語話せることと、言語化できることは異なる、

と思うモトコです。

 

昨日子どもが学校での出来事を話してくれました。

聞いているうちに時系列がわからなくなったり、

「その人」が登場人物の誰を指すのかわからなかったりするので、

ときどき質問を挟みながら聞きます。

そうすんなりとはいかない。

※所要時間10分

 

てっきり女の子の名前だと思って聞いていたら、

その子が男子トイレでおふざけする展開になり、

「男の子か!」ということもありますw

 

で、父ちゃんが帰ってくると

(うちの子は、父親:父ちゃん、母親:ママ、と呼ぶ)

同じ話題を聴かせようとするのですが、

「ママから話して」と

語り部役を私に託してきます。

面倒くさいのだろう。

 

私はざっくり要約してしまうので、

※所要時間30秒

旦那は、子どもから直接聞く

ある種の「ライヴ感」を味わうことはありません。

なので反応も「ふーん。そうだったんだー」と、

無感動なものになりがちです。

 

やはり、子どもから、子ども目線のストーリーを語るべきなのです。

面倒くさがってはダメなのです。

すでにママに話しているのだから、

それを下敷きにして、

できれば質問された部分を折り込んでやってごらんよ。

そう、基本は5W1Hだ。

人に説明するコツがわかるかも。

 

学生の頃、アルバイト先(喫茶店)で、工具箱をどこにしまうのか聞いた時、

伝票整理をしていたセンパイが、

アゴで「そこ!」と。

アゴが指す先はタテヨコ5マスずつ並んだ棚。

この25箇所のうちどこでもいいのか?

どこも程よく物品が収納されているが...

「場所決まってますか?」と聞くと

「だからそこそこ!」

 

この人、自分の目からレーザーでも出してるつもりか。

上から2段目の左端、とか言いようはあるだろ。

 

試しに、レーザーの先を予想して

窓拭きスプレーなんかが入ってる場所に入れてみたら、

「だからここだってば!」と2つ隣に入れ直された。

荷造り紐と同居なんだ。

ぶっちゃけどこでもいいような。

 

発達障害の人(私か!?)に何か伝えるときは、

なるべく具体的な言い方をするのが大事と聞いたことがあります。

「そこらへん」「普通に」「ある程度」「適当に」みたいな言い方は

困るのだそうです。

 

厳密な言い方をしようと思えば、

いくらでもできるはずだと思います。

「共通認識」はとてもラクだけど、

それを超えて機能するコトバを

私たちはもっと選びとっていかなきゃいけないんだと。

 

そのためには、コトバに触れることが大事ですね。

ブログはいいツールだと思います。

インプットもアウトプットも両方できる。

 

子どももブログやればいいんじゃないかな。

 

では良い1日を!!

学校のハイテク化、先生のアップデート

こんにちは。

 

身近に、小学校の先生をしてる人が2人いるモトコです。

真面目で穏やかな2人です。

真面目すぎて鬱にならないか心配です。

 

地域によって差があると思いますが、

学校のハイテク化がようやく始まりつつあるような気がします。

そのうち、教科書もタブレットで閲覧するようになって、

ランドセルが重すぎる、なんてこともなくなるのかな。

大量の印刷物もタブレットで共有。

(学校からのお便りは、学校HPでも見られるけど、みんながPC持ってるわけじゃないので

一応印刷したやつも来る。)

 

コロナ禍で始まったオンライン授業も、

登校拒否の子どもたちからは、参加しやすかったという声もあるようです。

NHKで見た)

 

ハイテク=簡単に繋がれる、という一面があるとすれば、

学校こそ、その恩恵をあずかれる場所なんじゃないかと思います。

 

行事とか学校ならではの「リアル」を充実させつつ、

効率化を図りたいところ。

先生の諸々の「作業」とか。

 

上記の2人の先生は、

数年前まで通知表も手書きだったそうです。

通知表作成アプリとかないの?

うちの子がもらってくるやつは、エクセルでも作れそう。

 

一人の先生は、PCで文章を作って、

それを見ながら通知表に手書き転記してたそうです。

30数人分を。

そりゃ徹夜するわな。

不毛地帯だわな。

 

っていうか、二人とも、

そういうの疑問に感じてる様子が見受けられないの、なぜ???

諦めてるの?

それとも...

 

まあ、いいや。

それぞれの個々の胸の内はわからない。

日々思うところはいろいろあれど、

言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、みたいなところはあるんだろ。

 

時間かけりゃいいってもんじゃなく

残業してたら立派ってもんでもなく

手作りが常に素晴らしい訳でもなく

要は通知表つくれたらいいんだろ!

 

って、文字数揃えることに意味はないんだが、

数年前からPCで作れるようになったってことは、

意向はあったけど、事情もあったのかな。

 

先生がんば。

だけどそんなに気負わないで。

箸の持ち方とか、生きる力だとか

そういうのは基本的に家庭の仕事だから。

 

もっと何気ないことが、子どもの心に響いてることも

あるんじゃない?

(私はある。そしてそれは親にはできないことだった。)

 

学校の先生って、往々にしてヘンテコだったりするけど、

私は応援している。

キレッキレで引き込まれる思考の本。精神修行か、やっぱりな。

こんにちは。

 

「マーケットで勝ち続けるための発想術|デイトレード」を半分ほど読んだモトコです。

おもしろいです。

 

この本は何ていうか、

訳者の方のセンスなんでしょうか、

文章にキレがある感じでかっこいいです。

背筋がゾッとするようなこわいことも、

かっこよく書かれていて、引き込まれますw

(こわいところ、例えばp.67 バンドワゴン効果 のところとか)

とは言っても、

私はまだ字面を追っているだけという感じなので、

これからトレードをやって、勉強して行く中で、

改めて読み返してみた時に、腑に落ちる部分も多いのではないかと思っています。

半分読んだだけでも、

○チャートを勉強することがやはりめっちゃ重要

○必要な損失がある

というのは強く感じました。

まるで修行みたいだなと思ったら、

第2章のタイトルが「優れたトレーダーへの精神修行」ときた...。

 

修行。

小手先のテクニックだけではないということですね。

株のトレードというものが、

ここまで人の心や感情と切り離せないものだったとは知りませんでした。

内なる自分と向き合わざるを得ません。

 

お金儲けるって、楽ではありませんなあ。

 

あと5分で寄り付きです。

チェックするだけ。

売買するのは大引けで。

 

では良い1日を!!

f:id:motoko21:20210506090307j:plain

デイトレード

 

宮中晩餐会に呼ばれることはなくても、テーブルマナーは身に付けておけと思う理由

f:id:motoko21:20210505133231p:plain

こんにちは。

ゴールデンウィークに飽きているモトコです。

やはり連休は3日までがいいとこだなーと思っています。

ダレる。

 

私のいとこは以前外資系銀行に勤めていましたが、

入社試験(?)でテーブルマナーを試されたそうです。

驚愕

 

これはどういう意味なのか。

テーブルマナーは、純然たる「一般教養」であると痛感しました。

それ以上かな。

 

金持ちだろうが、貧乏人だろうが、

いや、貧乏人だって一生に一度くらい友人の結婚式呼ばれたりするわな。

フルコースに面と向かって、若干プレッシャー感じたりするわな。

ていうか友人の結婚式じゃなくても、

たまにはそんな食事ができるような人生にしたいと、

思ったりするわな。

 

そこでだ、

そういう場面では、その場にふさわしいマナーを身につけた人でありたいと、

私も思います。

こんな私でも、そういうことを思ったりします。

例えば、

立派な身なりの人100人が集まった中で、

年季の入ったユニクロをまとった私。

気が引けるわな。

だけど、その中で一番美しく食事ができれば、

もうなんも怖くない!

 

お金あれば一瞬で、立派な身なりをすることはできる。

でも食事のマナーは、一瞬では身につかない。

一度身につけたら、奪われることもない。

自分を美しく見せる、人に気持ちよく食事してもらう、

当たり前のようで、当たり前にできない。

 

だから子どもにも身につけさせよう。

本チャンで恥かかないためには、ファミレスで実践したっていい。

フルコースでなくても基本は同じ。

あ、その前に箸の持ち方!

 

高価な食事にありつける人生に価値があるんじゃなく、

外資系銀行にお勤めするのが目的なんじゃなく、

「一通りのことは身に付けてきおったな、こいつは。」

と思われることに価値あり。

人生何があるかわからない。

何が自分を助けるかわからない。

 

だから義母様が、

「身内なんだから気取らなくていいのにー」とか

「男の子は汚しながら食べるもの!」と言っても、

(もうおチビじゃない)

ここはやんわりスルー。

(毎年子どもの誕生日、義父母を連れてフレンチレストランに行くのです。

マナーを練習してみる貴重な機会なのです。譲れません。)

 

わてらは気取っているのではない。

一般教養なのですよ、お義母様!!

 

マナーは知的で奥が深い。

他の人への配慮ができれば、自分の振る舞いも変わってくる。

感謝するべきものに気づける。

それは食事の時だけじゃなく、

生活の隅々、人とのコミュニケーションの中に生きてくる。

 

だから子どもよ、

持たざる母は、「お里が知れる」なんてことを心配してるんじゃないんだ。

人生を豊かにして欲しいんだ。

 

そしてマナー云々について、父ちゃんに質問するな。

困らせるだけだから。

初夏の陽射しと雷雨と雹と

f:id:motoko21:20210502184228p:plain

こんにちは。

 

子どもとクイズラリーに行ってきました。

今年3回目。

広い公園で、ひたすら歩き回ります。

どこにもいけないけど、引きこもり慣れてない人には閉塞感でしかないGWには

密にもならずに、いい感じのイベントです。

 

クイズはこんな感じ。

 

「うなぎにひょん」

並べ替えると何になる?

 

答え:雛人形

 

みたいな、まあ子ども向け。

たまに大人も真剣に考えます。

 

家を出た時は晴。

公園が近づいて土砂降り。

雷が鳴って、ヒョウも降る。

八百屋の軒下で雨宿り。

なんか昭和。

 

家と公園の中間地点。

どうしよ。

待とう。

 

ややおさまって公園到着。

地図を片手に歩き回る親子の姿があります。

私だって歩き回りたいが、どうにも地面の水たまりが気になる。

もどかしい。

ボロい方の靴、履いてくればよかったな。

 

このイベント3度目とあって、

徐々にクイズの傾向をつかみつつある子ども。

そう、主催者が同じなら

必ず傾向があり、対策も立てられる。

 

全問正解して、お腹すいたな、帰ろっか、となった時、

公園の隣にバラ園が見えました。

 

雨上がりのバラ、陽射しに雨粒がキラキラして綺麗。

改めて種類の多さにびっくり。

色の微妙な違い、可憐なやつ、ゴージャスなやつ。

花の勢いとトゲの勢いは、比例しているのですか。

 

帰宅して靴洗う。

やはり外出の際は、天気予報確認していこう。

 

アイスクリーム食べようと思ったら、

なかった。

 

スマホのバラの写真を見返す。

ブログに載せようかと思ったが、

どの風景にも子ども写ってたw

そうでした。

 

連休早くも飽きてきたけど、

明日は何しようかな。

 

ではまた明日!!

実は、アベノマスクが重宝している我が家

こんにちは。

 

ノープランなGWがはじまりました。

私は自分ち大好きなので、全く問題なしですが

男ども2名は早くも退屈ぎみ、

公園(とっても広い。テント持って行くと良い。)へ出かけていきました。

 

うちの子はアベノマスク愛用しています。

不織布やウレタンマスクを長時間していると、

皮膚が痒くなってしまい、

ガーゼが一番!という結論に至りました。

 

避難ゴーゴーだったアベノマスク。

大ヒンシュクだったアベノマスク。

区役所に直行だったアベノマスク。

 

避難ゴーゴーかつ親切な人が、

こんなもんいらないからあげる、と言ってうちにくれたこともありました。

それを見て、捨てるよりいいか、とくれた人もいました。

税金云々で怒ってたのに捨てるって何...。

使わないの?

 

キムタクノマスク、とかだったら違ってたの?

なわけないか。

 

おかげで2枚だったアベノマスクが、今では9枚。

かたじけない。

皆様の厚意を無駄にせぬよう。

最後まで新型コロナに罹らぬよう、

マスクと注意で乗り切る所存。

 

できることなら、

子どもの敏感肌が、もう少し丈夫な肌になったらいいけどね。

 

お、帰ってきた。

 

良い連休を!!

辛いもの好きなのに、苦手とウソついた英会話教室

f:id:motoko21:20210430095408p:plain

こんにちは。

すでに連休モードの平日。

旦那が寝坊しました。

 

私は辛いもの好きなのですが、

食卓に並ぶいろんなものに唐辛子かけます。

(今日は朝食のツナサンドにもちょいかけ)

ちょっと塩気が足りなかったかな、という場合も

唐辛子一振りで、味が引き締まります。

 

以前通っていた英会話教室で、食べ物の話になったのですが、

みなさん辛い物好きが多かったのです。

4人中3人が「辛いもの好き」と申告する中、

最後に発言の順番が回ってきた私は、

変な使命感(意味不明だけど)を感じて

「辛いもの苦手派」宣言をしてしまいました。

いや...ちょっと流れを変えようとか、

逆のこと言おうとか、

少数派になろうとか、

なんかつい、そういうことしちゃうんですよね。

誰得???

 

先生「モトコ、カレーは食べられるかい?」

私「子どもと同じ甘口カレー食べるよ」

Aさん「キムチもだめ?」

Bさん「豚キムチ美味しいのに」

私「浅漬けしか食べられませんね」

Cさん「柿の種はどう?」

私「ピーナッツだけピックアップします」

先生「そら、君の子どもと同じやないかい!」

 

みたいに...。

予想以上にみんな突っ込んできます。

ええ、カレーは辛口だし、

私も豚キムチは大好きです。

 

この手の嘘には、それほど罪悪感も感じないし、

「辛いもの食べられない自分」を想像しつつ、そんな気持ちになってみつつ、

なんか会話は広がって、

これはこれで楽しかった。

 

あの時の先生と生徒さんたち、

私が白い

ご飯以外のものにはだいたい一味かけてると知ったら、

どんな顔するかな。

もう忘れてるだろうけど。

 

そんなエピソードを思い出した朝でした。

 

ただ、一度嘘ついてしまうと、

基本的にはそれを貫かねばならず、

やはりずっと付き合ってきたいと思う人には

嘘はつかない方がよいです。

 

たぶん、ウソの程度に関係なく。

 

今日はアマゾンで注文した本が届きます。

トレードの本です。

テクニック的なことじゃなく、考え方の本です。

私がトレードに興味を持ったのは、コロナがきっかけでした。

何がどうなるか、ほんとわからない。

おもしろかったら、ブログでも紹介したいです。

 

連休前、建玉を1-1に整理しなきゃ。

 

良い1日を!!